東京双和法律事務所

取扱分野

知財その他企業法務

企業経営においては、人が生きていく上で何かしらの病気になることが避けられないのと同様に、事業を維持・発展させる中で様々な法律問題に直面します。
たとえば、取引先との契約トラブルや債権回収、従業員に関する労務問題、特許や商標といった知的財産権の管理、提携先との合弁契約やライセンス契約の締結、海外進出の際の賃貸借契約や各種申請に対応してくれる現地アドバイザーの確保、そして、紛争に発展した場合の訴訟対応等が挙げられます。

課題
グローバル化していく世界の中で、日本の中小企業が直面する問題はより複雑化してきています。そのような中で、適切に法的リスクを回避・除去するためには、企業法務に十分な知見を持つ弁護士のサポートが不可欠です。
私たちの対応業務
私たちは、依頼者企業のビジネスモデルを十分に理解した上で、ビジネス運営上の法的リスクを分析します。そして、当該ビジネスがよりスムーズに展開するように契約書の作成や検証を行います。また、必要に応じて知的財産権の保護等も行います。
また、税理士や公認会計士など他の専門家や他地域・他国の弁護士等と協働することが合理的と考えた場合には、適切な専門家とチームを組成し、対応いたします。