東京双和法律事務所

取扱分野

M&A

事業の拡大を図る場合や、事業承継または事業再生における事業の再構築(事業リストラクチャリング)において、M & A(企業または事業の買収・売却)は有効な一手段となります。

課題
M & Aにおいて、買収する側からすれば、対象企業のリスクやシナジーの分析を適切に行い、正しい事業価値の算定や法的スキームの検討、相手方との条件交渉が必要となります。
一方、売却する側からすると、自社の事業価値を最大限評価してもらう必要があり、同時に金融機関や株主にも当該取引の合理性を理解してもらい、賛同を得る必要があります。
東京双和法律事務所の対応業務
私たち東京双和法律事務所は、依頼者企業がM & Aを検討・実施するにあたり、相手方企業の募集と選定、譲渡対象事業の特定、取引スキームの検討、譲渡対価の決定、従業員や金融機関等の利害関係者への説明・協議、譲渡契約書の作成、譲渡実行支援などを包括的に支援します。
また、M & Aにおいて重要なことは、取引内容に経営者の方や従業員の方々の事業に対する思いをできるだけ反映し、かつ、法律と経済合理性に合致させることだと考えます。
私たちは、そのような関係者全員にとって合理性を有し、納得のいくM & A取引を立案し、その実現に向けて関係者に対して丁寧な説明を行ってまいります。